グリーンスムージーの基本をマスター

グリーンスムージーの効果的な飲み方について

グリーンスムージーは特に最近人気があるような気がしますが、実は結構前から人気だったんですよー。ただ、なんとなくイメージ的に青臭そう、飲みにくそう、作るのが面倒そう...などのイメージがあるようです。


私自身も葉野菜があまり好きではないので、実際に見た時はうーんちょっとこれは飲むの無理かもしれないなあと...。なんとなく青汁みたいな感じですしね。ちなみに青汁は不味すぎてギブアップしました(=o=;)


ですが、飲まず嫌いでグリーンスムージーを飲まないというのはもったいないです!市販のものは飲みやすいように美味しく味付けしてありますし、自作の場合もフルーツを入れるので美味しく作ることが出来ます。


また、グリーンスムージーには美容にも健康にもダイエットにも良い素晴らしい飲み物です。※効果について詳しくは「グリーンスムージーの効果と芸能人の愛好家について」で詳しく解説しています。


グリーンスムージーは本当にオススメなので初心者の方のために!飲み方などについてお話していきたいと思います。


グリーンスムージー効果的な飲み方とルールについて

★どのタイミングで飲むのがいいの?
ズバリ、朝食として飲むのが一番よいです!


グリーンスムージーを飲むのは空腹時が良いです。そして、グリーンスムージーを飲む前後40分は食事しないようにして下さい。グリーンスムージーは食事と一緒に飲むものではなく、1食を置き換えて飲むのが一番効果が高くなります。


あと、冷たすぎるグリーンスムージーはあまり飲まないほうが良いです。胃が冷えてしまうことによって身体も冷えて代謝が下がってしまいます。出来る限り冷たすぎる物は飲まないようにするか、代謝が上がっている昼ぐらいの時間帯に飲むのも良いです。またはお風呂に入りながらなんていうのも良いですね。


朝はガッツリ食べたいという人はお昼でも良いですし、どうしても何かお腹に入れたくて間食してしまう...という人は代わりにそれを飲んだりするのもよいでしょう。ただ、空腹の状態に、ということはできるだけ守るようにしましょう。


★どれぐらいの量を飲めばいいの?
大体1日あたり1Lから2Lぐらい飲むのが効果的です。


ただ、初めからこれだけの量を飲むのは大変だと思います。嫌になって結局止めてしまったでは意味がありません。継続することが大切なので最初は自分の飲める分だけ、1食置き換えて飲むようにしましょう。そして徐々に量を増やしていって...というふうに少しずつ慣れさせていきましょう。1食置き換えの場合は満腹感を得たいために必然的に量も増やしやすいと思います。


★何で割るのが良いか
やっぱり水が1番!


グリーンスムージーを自作する場合でも市販の場合でも基本的には水だけで割ります。美味しく飲むために牛乳やヨーグルトなどで割りたいという人もいるかもしれませんが、水だけで割ると良い理由があるんです。


先ほどグリーンスムージーは空腹時に、食事は前後40分開けてと説明しましたが、何故40分なのかというと、野菜やフルーツを消化するににかかる時間が40分だからです。グリーンスムージーの栄養素をしっかり吸収するためには他のもので消化の邪魔をしないようにしなければならないのです。


そして牛乳などの乳製品は消化されるのに10時間から20時間もかかってしまいます。これらはどうしても消化吸収の妨げになってしまうので出来る限り水にしましょう。


とは言え、水で割ったグリーンスムージーはどうしてもお腹が空きやすいです。一方牛乳やヨーグルトで割った場合はある程度の満腹感を得ることが出来ます。どうしてもグリーンスムージーに抵抗があるという人は牛乳で割って慣れさせるというのも良いと思います。1番大切なのは続けることですからね!あまり無理せず飲みましょう。


タイプ別の飲み方について

グリーンスムージーには自宅で野菜や果物をミキサーにかけて作る方法と、市販の粉状などのものを溶かすタイプがあります。


43.jpg
材料
自作する場合には野菜、果物、水だけを入れるようにして下さい。牛乳、ヨーグルト、氷などはNGです。味は果物で調整して下さい。ただし、余り入れると糖分のとりすぎになりますからほどほどに!


割合としては野菜:果物=4:6が理想的です。出来る限り新鮮なものが良いのですが、毎日沢山の野菜や果物が必要になるので頻繁に買いに行くのは大変だと思います。ですから大量に購入して冷蔵庫に小分けしておくのが良いでしょう。


作り置き
グリーンスムージーは絶対に作り置きしてはダメです!買ってきた野菜や果物を冷凍保存してミキサーにかけるのは良いのですが、ミキサーにかけてしまったものを長時間置くのはだめなのです。どうしてかというと、ミキサーにかけてしまうと野菜や果物の栄養素は時間の経過と共に失われていくからです。


ですから、グリーンスムージーを自作する際は出来る限り早く飲むように心がけましょう。その都度準備するのは大変ですから、せめて朝作ったものは当日中に飲み切りましょう。


自宅で作りたい人は芸能人のグリーンスムージーレシピ大公開!自分でも作ってみよう!のページでレシピを紹介しているのでご覧下さい。


44.jpg
グリーンスムージーの市販の物は大体粉末タイプのものが多く、それを水で割るのが一般的です。ただ、栄養補給のために牛乳やヨーグルトで割ってもOKです。飲みやすい味になっているので子供さんにもおすすめですよ!


しかし、牛乳やヨーグルトの場合、カロリーが増えてしまうので置き換えダイエットをしている人などは出来る限り控えるようにして下さい。栄養補給のためなら良いのですが、消化の問題などもあるので気をつけてください。


                   >>次の記事「グリーンスムージーの効果と芸能人の愛好家について」へ


★関連記事
グリーンスムージーで置き換えダイエットとプチ断食をしよう!
グリーンスムージーにも副作用があるってホント?
グリーンスムージーは自作・市販どっちが良い?メリット・デメリットは?



>>【最新版】グリーンスムージー人気ランキングはこちら<<